忍者ブログ
バリトンからテノールへ転向した歌手のブログ。
[576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566]
昨日はカルメル会の通し稽古で

昼、夜でキャストを変えて2回通しました。

いやーやっぱりすごい作品です!

いい曲です!

鳥肌が立ちます・・・


さて、大変遅くなりましたが・・・

カルメル会に向けての予習です

まずは時代背景を(^ ^)


このオペラは、1794年にフランスであった本当の話です。

1794年7月17日にキリスト教のカルメル会に所属する修道女16名が

革命政府により処刑されました。

この史実を題材にしたオペラです。


1794年のフランスがどういう状況だったかというと・・・

まず、1789年(いなばくん)にフランス革命が起こります。

それまでのフランスは階級社会で

上級の聖職者、貴族は税金も払わず、市民からの税金により優雅な生活を楽しみ

市民はそのために重い税金をかけられ、苦しい生活をしていました。

つまり、市民が働いて貴族たちの優雅な生活を支えていたのです。

その上、1700年頃からの度重なる戦争と

1770年頃から度重なった飢饉により

国の経済が悪くなり、更に重い税金が市民にかけられることになりました。

この生活に耐えられなくなった市民たちが爆発し、国王や特権階級の貴族や聖職者を

やっつけたのが、フランス革命です。

超大雑把ですけど(笑)


その後、短い期間に色々ありましたが、市民による革命政府が国を動かすことになります。

1793年から革命政府を指揮したのがロベスピエールという人です。

翌1794年までの一年間続いたこの政治を恐怖政治と呼んでいます。

そう、カルメル会修道女が処刑されたのもこの1794年の恐怖政治の間です。


ちょっと疲れましたか?

では続きはまた明日


オペラ是非お越しくださいね☆

お問い合わせはiago_iijima@yahoo.co.jp

までお気軽に(^ ^)


カルメル会修道女の対話

全3幕/フランス語上演/字幕付
台本:ジョルジュ・ベルナノス
作曲:フランシス・プーランク

日時:
平成22年(2010年)
8月28日(土)18時開演
8月29日(日)14時開演


会場:アステールプラザ大ホール

入場料:
S席 8,000円 A席 6,000円
B席 4,000円 C席 2,000円



指 揮  佐藤正浩
演 出  岩田達宗
管弦楽  広島交響楽団
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
メールフォーム
演奏ご依頼、ご意見、ご要望などどうぞ。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
" target="_blank">広島ブログ
人気blogランキングへ" target="_blank">ブログランキング
dff
イーココロ!クリック募金" target="_blank">more trees
最新記事
最新コメント
[11/01 Satoshi]
[11/01 mamemother]
[10/30 mamemother]
[09/26 satoshi]
[09/26 mamemother]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析